ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年10月17日、
山根グランド、かきくらべ、初めて見ます。

河東のかきくらべをみて、急いでいとこに送ってもらったのですが、もう始まっていました。
真ん中の席が取れず、一番高い所から、撮影!

18台の太鼓台が次から次へと、アナウンスの説明付きで、かきくらべをしました。

d0148902_21361575.jpg


d0148902_21365140.jpg



どれもすばらしかったのですが、最後の4台のかきくらべに感動しました。
1台1台集まってきて、4台が並ぶと、笛と、号令と、旗を振って、
あの大きな太鼓台を4台がそろって、かき上げながら、放り投げながら、正方形になり、回転していくのです。
数百名の男衆がそろって、太鼓台を落とさずにまわしていくのです。

びっくりしました。
すごいです。
これって、いつも皆がそろって、練習しているのですよね。

d0148902_21384893.jpg

d0148902_2139520.jpg

d0148902_21392096.jpg

d0148902_21394734.jpg

d0148902_2140592.jpg

d0148902_21403312.jpg

d0148902_21405737.jpg

d0148902_21423150.jpg


あの重い太鼓台をかき上げ、放り投げるの時も乱れていません。

d0148902_21411843.jpg
d0148902_21413366.jpg


写真なので、回転していってるのがわかりにくいと思いますが、ハッピの色で回転しているのがわかると思います。

d0148902_21415716.jpg
d0148902_21414830.jpg


写真を撮りながら、拍手、拍手の連続でした!
こんなにすばらしいお祭りが、生まれ故郷にあるのに一度もみたことがなかったなんて、ちょっと悔しいです。

ここは、グランドなので、ライトがあります。
これが邪魔になったので、来年は、真ん中の席に座って、撮影しなきゃ。
by auroraborealisk | 2013-12-27 21:55 | お祭り | Trackback | Comments(0)
いつもの友人と高尾駅8時半に待ち合わせ。

小仏まで、バスで行き、山登り9時開始。

d0148902_1632224.jpg


d0148902_15452580.jpg




ゆっくり登って、11時には、景信山頂上、727mに着きました。
頂上は、たくさんの人でにぎわっていました。

d0148902_15401283.jpg


子供も多かったです。

都会の近くの山ですね。
高松山では、誰もいなかったのに。

お餅つきをしていました。
年末になると、茶屋に予約していたら、餅つきの道具と、餅米を用意してくれるらしいです。

d0148902_1626443.jpg


d0148902_15461874.jpg

今日も富士山がきれいでした。

d0148902_15473828.jpg


d0148902_15491780.jpg


お弁当を食べ、コーヒーを飲んで、1時間休憩。

山の稜線をみて、小仏から、一丁平、高尾を経て、高尾山口駅まで、行こうかということになり、稜線を歩くことにした。
関東ふれあいの道を歩き、小仏峠、560m

狸がおいてありました。

d0148902_1632329.jpg


小仏城山670mには、天狗の木彫りの像が
d0148902_15591836.jpg

茶屋では、元気な中高年が、宴会をしていました。山に登って飲むのも楽しみの一つなのでしょうか。
お花見で、飲むのと同じなのかな?

おいしい、甘酒を飲んで、
d0148902_161341.jpg


高尾まで、途中、また富士山がきれいでした。

d0148902_1672624.jpg



d0148902_168149.jpg


サンタさんがクリスマスのために鍛えていると走って、登っていました。


高尾山の頂上には行きませんでしたが、ここから、高尾山口までの下りが、長かったです。

今日は、27000歩でした。
by auroraborealisk | 2013-12-17 16:12 | ハイキング | Trackback | Comments(0)
高松山801.4mは、小田急線の新松田から、バスで、10分、

みかん畑のきれいな道をしばらく歩いていくと、
d0148902_2145918.jpg

d0148902_21453556.jpg


まだ紅葉している木があってきれい。
d0148902_21461882.jpg


秋なので、赤い実や紫の実が色とりどりで、きれい。
実をみると、食べたくなる。

お天気もいいし、あつい!
半袖になる。

お花が多い。途中、かんあおいも自生していた。葉っぱの下にはかわいいお花が咲いていた。

d0148902_2149715.jpg
d0148902_2147323.jpg

ビリ堂
d0148902_21481199.jpg
d0148902_21504373.jpg


馬頭観音、
d0148902_2151922.jpg



ビリ堂というくらいだから、お堂がたってるのかと思っていたら、お堂はありませんでした。

水飲み場の水道があり、お水はとてもおいしかった。山にお水があるととてもありがたいです。

しばらく山道を、登ると、ちゃんと整備された階段がある。

10段ごとに数字を書いててくれている。200段くらいあったかなあ?
d0148902_21514932.jpg



頂上!

今日も富士山がきれい!
d0148902_21522182.jpg


誰もいない、貸し切り状態です。
d0148902_21525728.jpg

先日登った、明神ヶ岳も見えてます。
d0148902_21564398.jpg


ゆっくりお弁当を食べ、休憩。

d0148902_21543955.jpg

お花の山というだけあって春には、きれいな花を咲かせる、木がたくさんありました。
春にも来たいところです。

下りは楽でしたよ。
d0148902_2154549.jpg


途中から、アスファルトの道を、1時間以上歩いて、
d0148902_21553793.jpg


アスファルトの道は、足が疲れます。

バスに乗り、新松田へ、
松田町の循環バスは、緑色のかわいいバスです。

帰りは、鶴巻温泉の弘法の湯に入ってきました。

今日は、重い一眼レフを、持たずに、スマホでの写真でした。
by auroraborealisk | 2013-12-12 22:17 | ハイキング | Trackback | Comments(4)
紅葉を求めて、最乗寺へ
小田原から、大雄山線に乗り換え、終点から、バスで最乗寺へ、バス停についたら、案内板に明神ヶ岳まで、2時間と書いてたので、じゃ、登ろうということになり、9時半出発
d0148902_116855.jpg

立派な杉林が続く。階段をしばらく上り、山道になる。

d0148902_11115814.jpg


2時間と甘く見たのが、大間違い。
どんどん、後から来た人たちに、追い抜かれていく。
石の階段が、とても高い。

11時半におにぎりを食べ、休憩。

カメラを持っていったが、途中、撮影する気力もない、2時間なのに、まだまだ、着かない。
もう頂上が見えてきてもいいのにね〜なんていいながら、必死で登っていく。

やっと、空が見えて明るくなってきた。
ススキの草原は、霜柱が、できていて、その霜柱が、大きい。

お日様で暖かくなり、そこがぬかるんできていた。

下山する人に聞いたら、
まだ、1時間半は、かかるよ。

しばらくして聞いても同じ1時間半。

1時間になっても、まだ1時間。
しばらくしても、1時間。

「早く登らないと、日が落ちるのが早いからね〜」

なんていわれて、また、焦る。
「足元に気をつけて~!」

「転んじゃだめよ〜転んだら、骨折するよ〜。」と励まし合いながら、
友人が拾ってくれた、木を杖にして、どんどん登っていくと、下山していた人が、
「ぬかるんでいるから滑るから気をつけて〜!」と、励ましてくれる。

最乗寺から明神ヶ岳への道しるべは、後何キロとか書いてくれてない。

いつ着くかも知れないから、一緒に登った友人に、もし、1時半になっても、頂上に着かない場合は、その場で、引き返すといって、がんばって登っていった。

「後10分よ〜!がんばって〜!ご褒美が待ってるよ〜!」と下山する人が明るい笑顔で教えてくれました。

やっと、頂上に着く。1169m!
360度見晴らしがきく。


そこは別世界、歓声をあげて、万歳をする。

「75歳!  バンザ〜イ!!」

友人は、75歳です。
私より、元気です。



富士山の手前は、金時山。
左を見ると、箱根、大湧谷の噴煙が見えます。

d0148902_1134934.jpg


追い越していった方達が、皆いたので、挨拶して、情報収集。
今きた道を引き返して、下山するか。それとも、宮城野に、下りるか。
宮城野の方が、ぬかるんでないし、あまり急でもないらしいので、そちらに下りることにした。

d0148902_11384252.jpg


30人のグループがいたので、その後からついて、下山。

d0148902_11395825.jpg


スムーズに下りられたが、石の階段は高く、いったん座ってから、足をおいてまた一段下りるというところがたくさんあった。
宮城野から、バスで、1時間、小田原駅前まで、
おいしい焼き鳥と釜飯を食べ、鶴巻温泉の、弘法の湯に入り、疲れをいやして、帰宅。

一応、山歩きの用意はしていったものの、下調べもせずに、登ったことを反省。大山と同じくらいの階段の高さだった。

でも面白い、当分、低山ハイキングは、続けたいですね。
by auroraborealisk | 2013-12-06 11:50 | ハイキング | Trackback | Comments(0)
今年もモミジを求めて、評議原へ行きました。
橋本から、バスに乗り、城山総合事務所から、小松ハイキングコースを、登って行くと、
d0148902_2248681.jpg

評議原、今年は、ちょっと遅かったみたい。落ち葉が、茶色すぎる。2日前に雨が降ったが、あまり土がぬれてなかったので、良かった。

d0148902_22553169.jpg

まだ9時なので、朝ご飯、友人がコンロでお茶を沸かし、コーヒーも、おいしいね〜。
地元の方のお散歩コースで、犬のお散歩をしている方がいる。これだけ綺麗な、モミジなのにあまり知られていないみたいで、人が少なくてとてもいい所です。

d0148902_2304170.jpg


d0148902_2312519.jpg


d0148902_2315534.jpg


d0148902_2325893.jpg


d0148902_2332889.jpg


金刀比羅宮の前のモミジもまだまだ綺麗でした。

d0148902_236259.jpg


d0148902_2355480.jpg


d0148902_237190.jpg


スカイツリーも、うっすらと見えました。

d0148902_238866.jpg



少し上がると、金刀比羅宮の奥の院があります。鳥居が2個ありました。

d0148902_2311881.jpg


本沢ダム、城山湖です。
紅葉が、湖水に映ってとても綺麗です。

d0148902_23124734.jpg


d0148902_23132274.jpg

桜の木もあります。春に来ると、又、違った雰囲気があって良さそうですね。


草戸山、365mから、高尾山口迄ここは、登っては、下りの連続でした。
途中で、高尾山の薬王院が見えたり、駅のアナウンスが聞こえたりするのですが、
なかなか着きません。こういう時って、疲れますね。

高尾山口に着くと、沢山の人であふれていました。

ゆっくりでしたが、橋本から、高尾山口迄、二万二千歩歩きました。
by auroraborealisk | 2013-12-02 23:20 | ハイキング | Trackback | Comments(0)