ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

長野、白馬周辺の残り柿の撮影に行きましたが、
新潟、富山県は大雪なのになんと白馬には、畑に少し雪が残っている程度でした。

残り柿にも雪など全然積もってなくて、柿がしわがれていました。
もうすぐ干し柿になるのじゃないかしら!

d0148902_2031587.jpg


夕方、青木湖へ、
青木湖の夕日は、赤く焼けないそうです。
でも綺麗でした。

d0148902_2051288.jpg


丁度、1時間に1本の電車が通過しました。

d0148902_206481.jpg


冬のきりっとした雰囲気が好きですねえ.
by auroraborealisk | 2012-12-30 20:06 | 自然 | Trackback | Comments(1)
祭り2日目は、各区で分かれて練り歩きますが、珍しいのが、船に太鼓台を5台も乗せて海を渡ります。
今年は昼間でしたが、2年おきに夜、提灯をつけて、船に乗せるそうです。
太鼓の水入りです。

d0148902_11172759.jpg


d0148902_11181075.jpg




親戚のある地区では、夕方から八幡神社に集まり、神社に入り、神殿の周りを順番に技を競いながら、かきあげながら周ります.圧巻です。


平安時代から鎌倉時代にかけて始まった太鼓祭り。
1台2.5トンもある太鼓台を150人くらいの人がかきあげながら、放り上げながら練り歩きます。

親戚の甥が指揮をとっている、太鼓台です。


トントントントン、太鼓の音、
ピーッ、ピーッ!笛で、指揮を執ります。

d0148902_11302838.jpg


セーノッ、セーノッ
ソリャ、ソリャ、かけ声も勇ましいです。

d0148902_11304564.jpg


100人の担ぎ手と号令とかけ声がなければ、これだけの太鼓台を動かせないと思います。

d0148902_1132863.jpg


d0148902_11324350.jpg


d0148902_11325076.jpg


太鼓を担ぎ上げ、放り投げています。

d0148902_11551322.jpg


d0148902_11555185.jpg


d0148902_11564485.jpg


d0148902_11564742.jpg


皆、興奮して、かき上げると拍手拍手です。

優勝は、甥の指揮している沢津の太鼓台でした。
ヤッターッ!偉い!いとことそっくりの子!よくぞ立派になりました。
拍手拍手!感激で、涙が出てきました。

それからが面白い!

喧嘩が始まろうとしていました。警察の機動隊が待機しています。
1時間程、けんかを仕掛けようとした地区が、凄い形相でにらんでぶつかって行こうとしましたが、相手の太鼓台が無視し続けたので、喧嘩にはなりませんでしたが、これで、太鼓台をぶつけ合ってけんかが始まると、けが人が出たり、大変なことになったことが今迄も沢山あります。
昔は、この大きい、太鼓台に轢かれて、亡くなった方も居ますので、けんかをすると、総指揮者が逮捕されますし、数年は出場停止になります。
今年も何人かが逮捕されました。

今年、雨で見られなかった、山根グラウンドのかき上げを次回は、見たいです。
新居浜の太鼓が、集まって、坂の上に横に並びながらかきあげて行きます。
圧巻だろうと思います。
興奮しまくると思います。

昔から、ズ〜ッと続いている、お祭りです。

まさに男の祭りです。
by auroraborealisk | 2012-12-29 11:48 | お祭り | Trackback | Comments(0)
10月15、16日、2日間、愛媛県新居浜市太鼓祭りが毎年開催されます。

d0148902_1883823.jpg


私は、新居浜市沢津で生まれました。
小さい頃は、おじいさんに連れられて、八幡さんの太鼓をよく見に行きました。
トントンと太鼓の音がからだに響いて来て、未だにこの音を聞くとワクワクします。

新居浜太鼓祭りは、西条祭りと同じ昔からあるお祭りで、新居浜はけんか祭りとも言われ、その勇壮なお祭りは、太鼓のタイヤ、木でできていますが、太鼓同士がぶつかり合う時の下敷きになり、毎年、人が亡くなったそうです。
今は機動隊(?)、警察も出ていて、太鼓がけんかすると、機動隊が止めに入りますし、
けんかをすると、明くる年は、お祭りに出られなくなります。

今年もにらみ合いが長く続きました。
見ている方は、ヒヤヒヤ、ワクワクですが、機動隊が、並んで、出動を待っている状態が1時間程続きましたが、けんかにはなりませんでした。が、逮捕者が数名出ています。

太鼓台の金の刺繍です。
すばらしいです。


d0148902_18153412.jpg

d0148902_1812944.jpg


子供
d0148902_18133772.jpg


天女様
d0148902_18162568.jpg


d0148902_1817389.jpg

様々な模様があります。見事な金刺繍です。

1台、5〜6千万円するそうです。

d0148902_18203631.jpg


太鼓をかきあげているようすです。
100人くらい居ないと綺麗にかきあげられないようです。上に4人乗っている方達が、笛で号令をかけています。
その人もかっこいいです〜。

いつの頃か、桟敷席ができて観光バスがくるようになりました。
by auroraborealisk | 2012-12-08 18:23 | お祭り | Trackback | Comments(0)
いよいよお祭りも終ろうとしています。

神様の御神輿が西条市を流れる、賀茂川を渡り、伊曾乃神社にお帰りになられます。

だんじりがお祭りを終わらせないように、御神輿を川を渡らせないように、阻止しようとします。

西条市のだんじりがおみこし、80台が賀茂川、河川敷や堤防に次から次に集合、最後には神様の御神輿が来ていよいよ川を渡ります。


d0148902_20462715.jpg



段々暗くなってきました。

d0148902_20492973.jpg


いよいよ御神輿が川に入ります。


d0148902_2050328.jpg


だんじりが川に一斉に入って、御神輿の邪魔をします。
久しぶりに見た時は、昔の合戦かと思いました。
凄いです。
江戸時代から、変わらぬお祭りです。


d0148902_21125220.jpg



d0148902_20533378.jpg



d0148902_2059432.jpg



d0148902_2059513.jpg





d0148902_20554527.jpg


川入りが終わると、だんじりは、各地区へ帰って行きます。

西条のお堀には近くのだんじりが集まり、名残惜しく、かきあげを競い、お祭りが終わります。

美しいショーですね。

お堀に写った姿が綺麗でした。


d0148902_20564125.jpg



d0148902_20573372.jpg

by auroraborealisk | 2012-12-06 21:05 | お祭り | Trackback | Comments(2)
恵比寿のEBISUビアステーションで琥珀ビールを飲み、
新しくなった東京駅へ、


d0148902_21323851.jpg


凄い人である。
観光バスも沢山来ている。
ここは観光地だったのか〜?
d0148902_21331878.jpg


木々の葉も残り少ない。


d0148902_21372521.jpg


寒い!もう真冬です。


d0148902_21364241.jpg

by auroraborealisk | 2012-12-03 21:39 | Trackback | Comments(2)
FUJIFILMフォトサロンを出た時の空です。

d0148902_2362757.jpg



星野道夫さんの写真展、悠久の時を旅するを見てきました。

私はいつからか、
自分の命と、自然とを
切り離して考えることが
できなくなっていた
       星野道夫


アラスカの広くて寒い大地にひとりで、野生動物を追いかける。
寂しくなかったのだろうか?怖くなかったのだろうか?
あの暗い、長い夜をテントで過ごす。

凄いことです。



夏のアラスカ、デナリに行きたくなりました。
by auroraborealisk | 2012-12-03 02:44 | Trackback | Comments(2)