ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

近所のお屋敷の庭に、よもぎが若芽を出していました。
早速もらって来て、よもぎ餅を作りました。
田舎で、毎年、春になると母とよもぎを摘みに行き、よもぎ餅を作ってくれました。
3年程前から、私も毎年、小さい頃の記憶をもとに、よもぎ餅を作っています。
単なる食いしん坊でしかないのですが、お正月の切り餅の残り(ない場合は、上新粉に少しお砂糖を入れて作りますが私は作った事がないので)と、小豆の煮た缶づめで作ります。
d0148902_13431938.jpg

よもぎをきれいに洗い、重曹ひとつまみと、塩を入れ、沸騰したら、1〜2分程ゆでます。
1時間程、水にさらし、アクを取ります。
d0148902_13463595.jpg

よもぎを絞り、すり鉢で、すります。が面倒なので、パイ用の麺棒で、たたいてつぶしました。
d0148902_13481015.jpg

切り餅は、器に水を入れ、電子レンジで温めたら、搗きたてのお餅のように柔らかくなります。
熱いです。麺棒の先に水をつけながら、固くしぼったよもぎとお餅を餅つきをするように、搗いて行きます。
d0148902_1354416.jpg
d0148902_13541890.jpg
d0148902_13545856.jpg
手前の小豆の方が、お餅のあんにはいいです。
まな板に片栗粉をしき、手に水をつけ、お餅をちぎり、中に小豆をいれ、丸く形を整えたら、出来上がり。
d0148902_149568.jpg

相変わらず、不器用な仕上がりですね〜。いやになるほど、形が悪い!
餅は熱いうちに形を整えないと、きれいに仕上がりません。
でも味は、抜群、売っているお餅よりおいしい。
きな粉もまぶしました。
よもぎがなければ、白い大福でも凄くおいしいです。
ですが、お餅で作った場合、すぐ固くなりますね。
切り餅2個で1個の大福が出来ます。
by auroraborealisk | 2011-03-31 14:12 | お料理cooking | Trackback | Comments(2)
ダイアモンドダストが街の中でいつも見られる街、イエローナイフ。
積もっている雪も輝いてきれいです。
d0148902_18483063.jpg
d0148902_1840217.jpg
ここイエローナイフのダウンタウンは端から端迄歩いても30分もかかりません。高いビルがExplorer hotel,
イヌクシュク
d0148902_9512320.jpg

グレートスレーブ湖では凍った湖の上が道路になって居ます。
d0148902_1843112.jpg

d0148902_1845471.jpg

車は結構スピードを出して走って行きます。
湖の底がみえる様な感じです。
d0148902_18465819.jpg

空港の雪かき車
d0148902_9521332.jpg


次回オーロラ写真掲載します。
by auroraborealisk | 2011-03-26 18:49 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(0)
先日、−20〜40度のイエローナイフに行ったときの事。

オールドタウンで、雷鳥が道路を横断!トラックに轢かれはしないかとヒヤヒヤしました。
d0148902_659488.jpg

あまり長距離を飛べない雷鳥だと思うのですが、走るのはお得意そうです。
この道路を横断せずにばたばたと、危なげに道路の向こう迄飛んだ雷鳥は、1羽だけでした。

ずいぶん前にも、オールドタウンで雷鳥の集団を見たのですが、民家の庭先で、まるで鶏のようにいました。
人を恐れないようです。人を被害のない大きな物体と思っているのでしょうか?
近づくとあわてて逃げますが、お尻の振り方がかわいいですね。
d0148902_742353.jpg
d0148902_731392.jpg
d0148902_761970.jpg

足は、ウサギの足のようで、目の上に赤いアイラインをひいているようです。
家族で、行動しているのですね。
微笑ましい光景でした。
by auroraborealisk | 2011-03-06 07:07 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(4)