ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1917/5/13、3人の羊飼いの子の前に聖母が現れ、毎月13日に6回、同じ場所へくるように言われて、様々なメッセージを託された。予言のようなものでもある。
その場所に大聖堂が建てられ信者達が、お参りしている。
d0148902_7595461.jpg

d0148902_835450.jpg

まだ新しい聖堂である。羊飼いの子もまつられている。
d0148902_8111739.jpg
3人のうちの1人の女の子、ルシアはここの教会関係者になり、2005年に95歳でなくなったそうです。
すばらしいパイプオルガンがありました。
d0148902_874924.jpg

教会の門を入った所から、聖母さまが現れた場所迄、体の悪い所を治してもらおうとする人や、切実なお願いをする人が膝まずいたまま行く姿は、チベットの五体投地にも似ている(五体投地は自宅からラサ迄、数年かけて行くものであるが...)
d0148902_801325.jpg

民族衣装を着た人も、説教を聞きに来ていました。
d0148902_805197.jpg

ろうそくを立てる所があり、おまいりする時に、ろうそくを買って、ここに立てておきます。
ろうそくは大きくて長いので、炎も大きくなります。蜜蝋で、出来ていて、日本のようにかわいい、白いろうそくではないし、どっさりと置くので、ろうそくの火の勢いが激しくなるようです。
d0148902_884191.jpg



聖母さまの予言はあたっていましたが、3人の子供にしか、聖母さまは見えなかったそうです。
その他、聖母さまの予言は、多数の場所に出現しています。
興味のある方は、ファティマの奇跡で検索してください。
UFOだと言う説もあります。
by auroraborealisk | 2010-12-31 08:12 | portugal | Trackback | Comments(2)
世界遺産、ポルト歴史地区

サンフランシスコ教会
d0148902_1818871.jpg

ここは、写真撮影禁止
ブラジルから金を400kg?(600kgとも言われている)を持ってきた教会の中は見事、金ピカピカである。

街はドウロ川をはさみ坂道の多い通りがあり、素敵なところである。

ドウロ河にかかる橋、ドン、ルイス1世橋
d0148902_18391825.jpg

上を電車が通っている。車や人は、下の橋を渡る。
1886年建設で、エッフェル塔を建てたお弟子さんが作った橋、120年前にこのような橋が造られた事は凄い事だと思う。エッフェル塔に似ている。瀬戸大橋にも似ている。
橋を歩いて渡っていると、ポルトガルの女の子が私の前に立ち止まって、しばらく手を振られた。そんなに私って珍しいのか、アジア人が珍しいのか。でも感じのいい、人懐っこい民族である。

夕闇が迫って来ていたので、すべて素敵に見えた。
d0148902_18481197.jpg


ワインを運ぶラベーロ船
d0148902_18511336.jpg


かわいいバス
d0148902_18514835.jpg


ポルトワインの工場、SANDEMAN
d0148902_18572937.jpg


サンデマンのシルエットが素敵、工場内を見学後、ワインの試飲をさせてくれる、
d0148902_18561673.jpg

d0148902_1859097.jpg

発酵途中で、ブランデーを加えて作るのだそうです。
ワイン工場で買ったお土産はチョコレート、おいしい!結構おいしい!今迄食べたチョコレートで、1番おいしかった!

ポルトの街とドウロ河の夜景もきれい!
d0148902_1921316.jpg


ポルトガルで、いちばんきれいな街だった。
by auroraborealisk | 2010-12-28 19:03 | portugal | Trackback | Comments(4)
スペインのサンティアゴ.デ.コンポステーラは巡礼街道の最終地。

歓喜の丘から見た大聖堂です。
永い道のりの巡礼街道を歩いて来た苦労を思い、この丘から、大聖堂を見て、歓喜の声を上げる所から、歓喜の丘と呼ばれています。
d0148902_1318418.jpg

d0148902_13344157.jpg


キリストの12人の弟子のヤコブさまの遺骸をまつっている教会です。
d0148902_1319235.jpg

塔の真ん中に立っている方がヤコブさまです。
d0148902_13224828.jpg


2010年は、世界三大巡礼地、スペイン巡礼街道の最終地の大聖堂が11年ぶりに免罪の門が開かれる年なので、行きました。
この門をくぐり、ヤコブさまの後ろから、ヤコブさまを抱き、今迄の数多き罪?を、許してもらおうと思ったからです。次回は2021年迄この聖なる門は開かないのです。
並んで門をくぐる順番が来る迄待っています。
d0148902_13201745.jpg

このお方がヤコブさまです。その後ろを通してくれるのです。
d0148902_13212760.jpg

一度外へ出て、教会の内部を見せてくれるのですが、ポリスが、リュックは持って入っては行けないと言うのです。
ここへ、行くときは、大きい荷物はだめですね。撮影はOKです。
d0148902_13235411.jpg

こうして巡礼街道を歩いて来た方が沢山いました。
d0148902_13245374.jpg

四国のお遍路さんみたいでした。巡礼者は、杖を持ち、貝とひょうたんをぶら下げた杖を持って巡っているようです。
この方は、ヤコブの格好をした大道芸の人です。
d0148902_13253413.jpg

スペインの子は明るい!
d0148902_13255636.jpg

by auroraborealisk | 2010-12-27 13:27 | portugal | Trackback | Comments(4)
成田から、9月に就航したエアバスに乗って、パリへ。
パリは2度目。雪がちらついていました。そこから、リスボンへ。

明くる日、世界遺産の街、トマールへバスで2時間半。
トマールは、とてもかわいい街でした。
d0148902_11411283.jpg

そこで、変な鳥を発見!ニワトリが泳いでいるのかと思った〜!
d0148902_11431622.jpg

d0148902_11561357.jpg


キリスト教修道院へ
普通の教会だと思っていたら、入って歓声、すばらしい豪華金色、
d0148902_11491471.jpg

d0148902_1213777.jpg

壁のタイル、アズレージョが美しい。
d0148902_1154118.jpg

by auroraborealisk | 2010-12-19 12:02 | portugal | Trackback | Comments(8)