ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

カテゴリ:Aurora オーロラ( 46 )

d0148902_11461562.jpg
2月25日、7人乗りの犬ぞりに乗って、雪深い道なき道を30分、
真っ白な世界、雪の白さが、満点の星空が、マイナス40度の寒さが、心地よい。
犬の鳴き声とソリの音しか聞こえない。静寂すぎて、これが、極北の大自然だ〜。
忘れられないひとときであった。

becks lake と言っても凍っているので、真っ白な世界!
小さい小屋が2つあるだけである。
d0148902_11454100.jpg


この夜のオーロラも、活発に動いているけれども、雲に覆われて、物足らない。
今回のオーロラでは、一番きれいな明るいグリーンのオーロラが時折姿を見せてくれた。

d0148902_1165463.jpg

d0148902_112287.jpg
d0148902_1112756.jpg

d0148902_12141128.jpg

これは、人工衛星かな?
by auroraborealisk | 2011-05-05 12:12 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(0)
1カ所に止まってそこで、オーロラが出るのを待つのではなく、オーロラを車で追っかけてくれるツアーがあります。
Nanook Aurora Tours
http://www.aurora-guide.com/
イエローナイフを知り尽くした大塚さんが毎日、オーロラを追っかけています。
予約しておくと、ホテル迄、迎えに来てくれる、現地でのツアーです。
2/26、この日のオーロラは、元気よく動くのですが、薄い!
とにかく寒かった!

カーテン状のオーロラです。磁力線もはっきり写っています。
d0148902_2174011.jpg
d0148902_2183158.jpg
この日は、一眼レフのカメラを持って来た人が、6人中、5人もいまして、プロのカメラマンもいました。
皆さんオーロラ撮影回数、豊富な方達ばかりでした。
大塚さんの奥様の手作りのクッキーとお茶を飲みながら、オーロラがでてくるのを、待ちます。

大塚さんは、東北地震の義援金をイエローナイフの日本人仲間と集めてくれています。

遠くの、地球の反対側のカナダの北の端っこにある小さな街で日本を応援してくれています。


d0148902_21142670.jpg

d0148902_21153386.jpg


大塚さんのこの日のブログです。
http://ameblo.jp/nanook-aurora/day-20110227.html
毎日写真をとれて、うらやましいです。
by auroraborealisk | 2011-04-09 21:21 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(0)
イエローナイフ、オーロラビレッジにて、
オーロラの天空ショーです。
d0148902_1072760.jpg

写真を撮らないで、寝っころがって見るのが一番いいですね。

d0148902_1081112.jpg

天上では、次から次に、オーロラが暴れまくっていました。
広角で撮ったら天の真上はこうなります。
d0148902_1010389.jpg


オーロラが薄いときは、天の河もはっきり見えます。
by auroraborealisk | 2011-04-09 10:13 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(0)
きれいな大きなゆっくり流れる、流れ星でした。
このようにはっきり、流星が写るのは珍しい。オーロラも薄いがきれい!
d0148902_10281717.jpg

この夜は、星が沢山流れました。
d0148902_10364335.jpg

左の木の上にうっすらと写っています。

d0148902_103725.jpg

天上のオーロラと、飛行機です。
d0148902_10375997.jpg

グレートスレーブ湖畔
林の中の屋根の上の白い線が飛行機の軌跡
by auroraborealisk | 2011-04-06 10:41 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(2)
d0148902_2233467.jpg

2月に、オーロラ好きの友人と3人で、イエローナイフに行きました。
イエローナイフは久しぶりです。
毎日お昼前迄寝て、スーパーで、買って来た物で、軽く食事、昼からは前の夜に撮影したオーロラをPCで見て、オーロラ談義。
カメラやレンズの話、イエローナイフのお店の話、
夕食は、あちこち、食べ歩き、とても楽しかったですね。
夜8時過ぎにスクールバスに乗ってオーロラビレッジへ。

オーロラを見に行った方がよく言いますが、一つとして同じ形はない!
よく似た形のオーロラはあります。形の似たような物を載せてみます。
7夜連続でオーロラがみられました。が、どの夜もうす雲がかかっていたのと、オーロラはずっと出ているのだけど、元気がないオーロラが多かったですね。
d0148902_21155636.jpg


寒かったです。体感温度マイナス40度前後。

こんなに寒いのは初めてでした。手と顔が寒かった。手は、凍傷になりかけました。
顔は真っ赤、眼鏡は息が凍って見えなくなり、外して撮影しました。

オーロラビレッジ   http://www.auroratour.com/

働いているスタッフは日本人の留学生がバンクーバーから来ています。
ここは日本人のオーロラ好きの人が多く来ていますが、今年は、韓国の方があちこちのオーロラ観賞地に来ていましたね。
d0148902_21392896.jpg


ダイニングホールの前なので、周りが明るいですが、結構幅広の動かないオーロラでした。
ダイニングホールは軽食がとれます。暖かい飲み物も飲めます。ほっとしますね。

d0148902_2151135.jpg

撮影している所は沼が凍った所、こんな感じで、思い思いにオーロラを見ています。
三角のテントはティーピー、カナダ北部に住む先住民の昔の住居です。
中にもストーブがあり、オーロラがでていないときに、暖をとります。
オーロラがでたら、皆さん笑顔笑顔!出ないと会話もありません。
この日は強めのオーロラがでたので、良かったですね。
by auroraborealisk | 2011-04-02 22:05 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(6)
ダイアモンドダストが街の中でいつも見られる街、イエローナイフ。
積もっている雪も輝いてきれいです。
d0148902_18483063.jpg
d0148902_1840217.jpg
ここイエローナイフのダウンタウンは端から端迄歩いても30分もかかりません。高いビルがExplorer hotel,
イヌクシュク
d0148902_9512320.jpg

グレートスレーブ湖では凍った湖の上が道路になって居ます。
d0148902_1843112.jpg

d0148902_1845471.jpg

車は結構スピードを出して走って行きます。
湖の底がみえる様な感じです。
d0148902_18465819.jpg

空港の雪かき車
d0148902_9521332.jpg


次回オーロラ写真掲載します。
by auroraborealisk | 2011-03-26 18:49 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(0)
先日、−20〜40度のイエローナイフに行ったときの事。

オールドタウンで、雷鳥が道路を横断!トラックに轢かれはしないかとヒヤヒヤしました。
d0148902_659488.jpg

あまり長距離を飛べない雷鳥だと思うのですが、走るのはお得意そうです。
この道路を横断せずにばたばたと、危なげに道路の向こう迄飛んだ雷鳥は、1羽だけでした。

ずいぶん前にも、オールドタウンで雷鳥の集団を見たのですが、民家の庭先で、まるで鶏のようにいました。
人を恐れないようです。人を被害のない大きな物体と思っているのでしょうか?
近づくとあわてて逃げますが、お尻の振り方がかわいいですね。
d0148902_742353.jpg
d0148902_731392.jpg
d0148902_761970.jpg

足は、ウサギの足のようで、目の上に赤いアイラインをひいているようです。
家族で、行動しているのですね。
微笑ましい光景でした。
by auroraborealisk | 2011-03-06 07:07 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(4)
YKですか?
いいですねえ。今オーロラがよく出てますので、すばらしいのが見られるかもしれませんね。
問題はお天気ですよね。
世界の天気予報で、YKの週間天気を調べて行くのもいいですけど、気温も出ていますので。
天気はかわって行くものですから、参考にする程度で!
YKは内陸部にありますので、晴天率がいいのです。
グレートスレーブ湖も凍っていますので水蒸気はでないのでいいですね。
グレートスレーブ湖に飛行機で着陸してカリブを探す、と言うオプションもあると思います。

着るものですが、オーロラ撮影のときは、
下着はパンスト2枚とズボンの下に履くもの、または、登山用の汗を吸収するズボンでもいいかと思いますと、冬用のズボン、防寒具の下に3〜4枚は履いています。カイロも。
上は、シャツ2枚に、フリースともう1枚、防寒具の下に3〜4枚。カイロも。
手袋、マスク、マフラーは、私は薄手のものを2枚、毛糸、またはフリースの帽子、靴下は薄手、厚手のもの2枚、靴の中には靴敷き用のカイロ。
マフラーはスカーフを持って行くと、カメラの防寒にもなるし、なにかと便利です。
私は寒がりなので、もっと薄く着ている方もいますね。

あちらのマイナス20度は日本の0度くらいに感じます。
急にマイナス30度〜40度になる事も考えられますので、カイロを余分に持って行ってください。カイロさえあれば、なんとかなると私は思います。

レリースとか余分に持って行った方がいいと思います。
寒さで、折れたりしますから。荷物になるかもしれませんが、寒さに弱いものは余分に持って行ってください。電池もです。
三脚の細いのを持って行った方は、三脚が折れましたので、何がおこるかわかりません。
−20度位だと、あまりそういう事はおこらないかと思います。
風が吹くと三脚の重しも必要ですね。
三脚は素手で触らないでくださいね。
三脚に布を巻いて行くといいです。
三脚は重い三脚が、安定していいですね。

オーロラ観賞をする場所のオーロラビレッジと言う所があるのですが、ホテルからバスで30分程の所にあるのですが、am1時半迄なので、オーロラがその後出る気配があれば、延長して残ってみた方がいいです。
そこには、暖をとる暖かい所があり、いろいろな方とお話しする事もでき、ホットチョコレートやスープも飲めます。
小さいダイアモンドがあたる、くじ引きもあったりしました。YKは良質のダイアモンドが採れるので有名です。
オーロラが出ないときは中で暖かくできると思いますが、急にオーロラがでて、すぐ消えたりするので、私は、外にずっといます。

もちろん、YKは郊外に出ればどこでも撮影可能なので、運転に自信があれば、レンタカーを借りてあちこち撮影するのもいいかもしれません。
私の友人は、女性でヒトリで、冬、3週間も、カナダをオーロラを追っかけてすばらしい写真を撮って来た方もいます。でも、あまりお進めできません。


イエローナイフに着く30分前から、飛行機から、オーロラがみえるかもしれません。飛行機は雲の上を飛んでいるので、オーロラがでてたら、雲の上にオーロラが見えますよ。
どちらの座席からと言う事は、バンクーバーから座席を取るときに聞いてください。
直行便の場合、航路が違うかもしれませんから。
エドモントンから乗ったときは、右側でした。窓際を確保してください。

私が見たのは、赤くて丸いオーロラでしたが、その晩は下界は雪でオーロラは、見えませんでした。
下界からは、オーロラがでていても雲があれば見えませんからね。

昼間、YK市内観光があると思いますので、民家の庭などよく見ててください。
白い雷鳥が、鶏のように沢山いる時がありますので。

お天気がいい事を願っています。
すばらしい写真を期待しています。

私も行きたくなりました。3月ころかな!
by auroraborealisk | 2010-11-13 20:37 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(2)
ユキさんへの返事と同じ内容を載せます。
オーロラを見に行くときの参考にしてください。

今も、すばらしいオーロラがでています。
ゆうぞうさんの、LIveを見るには、会員になってください。メールアドレスとパスワードで簡単に入会できます。
無料ですし、安全です。希望すれば、オーロラがでたときに、メールをくれます。これも無料です。

オーロラ撮影は、私はアラスカとカナダしか行った事がないです。

持ち物は、普通の旅行の持ち物で、十分です。
アラスカのチナに行くときは温泉がありますので、水着を持って行った方がいいです。レンタルもありますけど。この温泉、気に入ってます。

秋、9月に行くときは冬用のコートを持って行く位で、十分です。
カイロも少し。

冬は、オーロラ撮影のときは、衣類は冬用、なるべく、重ね着できるようにしてください。
カイロを沢山持って行って下さい.

装備ですが、防寒具一式フード付きの上下、手袋、ブーツを、現地で貸してくれます。
ツアーではあらかじめ予約しときますが、個人で行く場合はオーロラを専門にしている、ツアー会社で、飛行機のチケットを取る所がありますので、そこで防寒具の予約も、してくれるし、ホテル、または、B&Bの予約もしてくれます。
現地のツアー会社にメールでも予約できると思います。

防寒具の下は、重ね着して、暖かくしてください。

1月だと、早めに飛行機のチケットを手配した方がいいかもしれません。
カナダは、冬場はバンクーバーからイエローナイフまでの直行便があります。
成田、カルガリーの直行便もあります。
この場合、カルガリーでの乗り換え時間が短く、入国手続をして荷物も預け変えてとなると、時間ギリギリになるのです。

アラスカは、成田から、フェアバンクス迄のJALの直行便がありますが、ツアー客でないと乗れないかもしれません。


ホッカイロは、必要です。靴用体用とも。
カイロのような気の効いたものは、現地では売っていませんので。
忘れないでください。

他の日用品は大型スーパーがありますので、心配ないです。
イエローナイフは、ホテルからすぐの所に、スーパーがありますので、食品、生活必需品等衣類もあります。
フェアバンクスは、歩いてでも行けます。こちらは大型スーパーですので、何でもあります。
お土産も安く買えます。

カメラは、オーロラを待っているときは、防寒具のポケットに入れて、保温しています。
私の経験から、カメラの保温は、桐灰カイロとか、試しましたが、寒さで、火が消えてしまいます。
カメラに、ナイロン袋や冬用の帽子、毛布をかぶせてあげる、これがいいと思います。
懐中電灯には、電球の部分に赤のセロファンをかぶせておいてください。

1月、2月は気温が下がるので、3月が、暖かくなりますので、いいと思います。

現地に関しては、この私のブログのオーロラのカテゴリーで、見てください。
by auroraborealisk | 2010-11-12 20:36 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(4)
http://aulive.net/nlive/index_wide1.php

オーロラLIve中継で、PCからいつでも、オーロラを毎日観測できます。
見てください!
おとといから、すばらしい、オーロラがでています。
数年前にも10月末に赤いオーロラがでました。

去年迄、静かだったオーロラが今年に入って、活発に出ています。
私も、来年あたり、オーロラ撮影に行こうと思っています。
by auroraborealisk | 2010-11-02 21:36 | Aurora オーロラ | Trackback | Comments(5)