ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

カテゴリ:お祭り( 9 )

2017年10月17日、
山根グランド、かきくらべ、初めて見ます。

河東のかきくらべをみて、急いでいとこに送ってもらったのですが、もう始まっていました。
真ん中の席が取れず、一番高い所から、撮影!

18台の太鼓台が次から次へと、アナウンスの説明付きで、かきくらべをしました。

d0148902_21361575.jpg


d0148902_21365140.jpg



どれもすばらしかったのですが、最後の4台のかきくらべに感動しました。
1台1台集まってきて、4台が並ぶと、笛と、号令と、旗を振って、
あの大きな太鼓台を4台がそろって、かき上げながら、放り投げながら、正方形になり、回転していくのです。
数百名の男衆がそろって、太鼓台を落とさずにまわしていくのです。

びっくりしました。
すごいです。
これって、いつも皆がそろって、練習しているのですよね。

d0148902_21384893.jpg

d0148902_2139520.jpg

d0148902_21392096.jpg

d0148902_21394734.jpg

d0148902_2140592.jpg

d0148902_21403312.jpg

d0148902_21405737.jpg

d0148902_21423150.jpg


あの重い太鼓台をかき上げ、放り投げるの時も乱れていません。

d0148902_21411843.jpg
d0148902_21413366.jpg


写真なので、回転していってるのがわかりにくいと思いますが、ハッピの色で回転しているのがわかると思います。

d0148902_21415716.jpg
d0148902_21414830.jpg


写真を撮りながら、拍手、拍手の連続でした!
こんなにすばらしいお祭りが、生まれ故郷にあるのに一度もみたことがなかったなんて、ちょっと悔しいです。

ここは、グランドなので、ライトがあります。
これが邪魔になったので、来年は、真ん中の席に座って、撮影しなきゃ。
by auroraborealisk | 2013-12-27 21:55 | お祭り | Trackback | Comments(0)
新居浜祭り、川東の河川敷、太鼓台かきくらべ
今年は、いとこが、説明しながら、あちこち連れて行ってくれました。

昼頃、新高橋の河川敷に、太鼓台が集まります。

沢津太鼓台
d0148902_2041131.jpg




d0148902_20415645.jpg


d0148902_20425770.jpg


d0148902_20423799.jpg


お祭りはいいですねえ.小さい頃から会ってない親戚の人に偶然会ったりしますからね。

前日に太鼓台を担いでいるときに?骨折していた人が、労災病院から、出て来て点滴しながら車いすごと、胴上げ?されていました。
名誉の負傷でしょうか?

d0148902_219145.jpg


河川敷でのかき比べは、やっぱり沢津が一番でした。

d0148902_2054179.jpg


d0148902_20551686.jpg


宇高の太鼓台は、今年新調しました。とても綺麗です。

d0148902_20542149.jpg

by auroraborealisk | 2013-11-16 20:58 | お祭り | Trackback | Comments(4)
今年は、前日からの台風の影響で、賀茂川にだんじりが並ぶのに、2時間遅れ、

台風の影響で、賀茂川の水も非常に多い。

d0148902_20595143.jpg

暗くなってから、やっと川入り。

伊曾乃神社の御神輿、神様と西条の人は呼んでいるようです。

この神様が川を渡り、伊曾乃神社にお帰りになると、お祭りは終わるので、終わるのを惜しんで、川を渡らさないようにだんじりが阻止します。

だんじりの提灯の明かりや、お囃子の音.歓声、水しぶき、
合戦が起こったようです。

d0148902_21172125.jpg
d0148902_21172642.jpg


d0148902_21212173.jpg


d0148902_2121529.jpg


d0148902_2123319.jpg


d0148902_21233844.jpg


d0148902_21235070.jpg


対岸に御神輿が上がり、西条祭りは終わり.又来年、楽しみにしています。

この時期、西日本一高い山、西条市の石鎚山の紅葉も綺麗で、沢山の人が、西条に集まります。
来年は、紅葉もかねて撮影にいきたいです。
by auroraborealisk | 2013-11-09 21:31 | お祭り | Trackback | Comments(0)
祭り2日目は、各区で分かれて練り歩きますが、珍しいのが、船に太鼓台を5台も乗せて海を渡ります。
今年は昼間でしたが、2年おきに夜、提灯をつけて、船に乗せるそうです。
太鼓の水入りです。

d0148902_11172759.jpg


d0148902_11181075.jpg




親戚のある地区では、夕方から八幡神社に集まり、神社に入り、神殿の周りを順番に技を競いながら、かきあげながら周ります.圧巻です。


平安時代から鎌倉時代にかけて始まった太鼓祭り。
1台2.5トンもある太鼓台を150人くらいの人がかきあげながら、放り上げながら練り歩きます。

親戚の甥が指揮をとっている、太鼓台です。


トントントントン、太鼓の音、
ピーッ、ピーッ!笛で、指揮を執ります。

d0148902_11302838.jpg


セーノッ、セーノッ
ソリャ、ソリャ、かけ声も勇ましいです。

d0148902_11304564.jpg


100人の担ぎ手と号令とかけ声がなければ、これだけの太鼓台を動かせないと思います。

d0148902_1132863.jpg


d0148902_11324350.jpg


d0148902_11325076.jpg


太鼓を担ぎ上げ、放り投げています。

d0148902_11551322.jpg


d0148902_11555185.jpg


d0148902_11564485.jpg


d0148902_11564742.jpg


皆、興奮して、かき上げると拍手拍手です。

優勝は、甥の指揮している沢津の太鼓台でした。
ヤッターッ!偉い!いとことそっくりの子!よくぞ立派になりました。
拍手拍手!感激で、涙が出てきました。

それからが面白い!

喧嘩が始まろうとしていました。警察の機動隊が待機しています。
1時間程、けんかを仕掛けようとした地区が、凄い形相でにらんでぶつかって行こうとしましたが、相手の太鼓台が無視し続けたので、喧嘩にはなりませんでしたが、これで、太鼓台をぶつけ合ってけんかが始まると、けが人が出たり、大変なことになったことが今迄も沢山あります。
昔は、この大きい、太鼓台に轢かれて、亡くなった方も居ますので、けんかをすると、総指揮者が逮捕されますし、数年は出場停止になります。
今年も何人かが逮捕されました。

今年、雨で見られなかった、山根グラウンドのかき上げを次回は、見たいです。
新居浜の太鼓が、集まって、坂の上に横に並びながらかきあげて行きます。
圧巻だろうと思います。
興奮しまくると思います。

昔から、ズ〜ッと続いている、お祭りです。

まさに男の祭りです。
by auroraborealisk | 2012-12-29 11:48 | お祭り | Trackback | Comments(0)
10月15、16日、2日間、愛媛県新居浜市太鼓祭りが毎年開催されます。

d0148902_1883823.jpg


私は、新居浜市沢津で生まれました。
小さい頃は、おじいさんに連れられて、八幡さんの太鼓をよく見に行きました。
トントンと太鼓の音がからだに響いて来て、未だにこの音を聞くとワクワクします。

新居浜太鼓祭りは、西条祭りと同じ昔からあるお祭りで、新居浜はけんか祭りとも言われ、その勇壮なお祭りは、太鼓のタイヤ、木でできていますが、太鼓同士がぶつかり合う時の下敷きになり、毎年、人が亡くなったそうです。
今は機動隊(?)、警察も出ていて、太鼓がけんかすると、機動隊が止めに入りますし、
けんかをすると、明くる年は、お祭りに出られなくなります。

今年もにらみ合いが長く続きました。
見ている方は、ヒヤヒヤ、ワクワクですが、機動隊が、並んで、出動を待っている状態が1時間程続きましたが、けんかにはなりませんでした。が、逮捕者が数名出ています。

太鼓台の金の刺繍です。
すばらしいです。


d0148902_18153412.jpg

d0148902_1812944.jpg


子供
d0148902_18133772.jpg


天女様
d0148902_18162568.jpg


d0148902_1817389.jpg

様々な模様があります。見事な金刺繍です。

1台、5〜6千万円するそうです。

d0148902_18203631.jpg


太鼓をかきあげているようすです。
100人くらい居ないと綺麗にかきあげられないようです。上に4人乗っている方達が、笛で号令をかけています。
その人もかっこいいです〜。

いつの頃か、桟敷席ができて観光バスがくるようになりました。
by auroraborealisk | 2012-12-08 18:23 | お祭り | Trackback | Comments(0)
いよいよお祭りも終ろうとしています。

神様の御神輿が西条市を流れる、賀茂川を渡り、伊曾乃神社にお帰りになられます。

だんじりがお祭りを終わらせないように、御神輿を川を渡らせないように、阻止しようとします。

西条市のだんじりがおみこし、80台が賀茂川、河川敷や堤防に次から次に集合、最後には神様の御神輿が来ていよいよ川を渡ります。


d0148902_20462715.jpg



段々暗くなってきました。

d0148902_20492973.jpg


いよいよ御神輿が川に入ります。


d0148902_2050328.jpg


だんじりが川に一斉に入って、御神輿の邪魔をします。
久しぶりに見た時は、昔の合戦かと思いました。
凄いです。
江戸時代から、変わらぬお祭りです。


d0148902_21125220.jpg



d0148902_20533378.jpg



d0148902_2059432.jpg



d0148902_2059513.jpg





d0148902_20554527.jpg


川入りが終わると、だんじりは、各地区へ帰って行きます。

西条のお堀には近くのだんじりが集まり、名残惜しく、かきあげを競い、お祭りが終わります。

美しいショーですね。

お堀に写った姿が綺麗でした。


d0148902_20564125.jpg



d0148902_20573372.jpg

by auroraborealisk | 2012-12-06 21:05 | お祭り | Trackback | Comments(2)
早朝のお旅が終わると、江戸時代の西条城、現在の西条高校の門の前にだんじり、みこしが集合

d0148902_2130976.jpg

順番に御殿前に行きかき上げをする。
江戸のお殿様にご挨拶なのだろうか?
遠い昔、お殿様は、どこでお祭りを見ていたのでしょうか?
d0148902_21315460.jpg

d0148902_21322926.jpg
d0148902_21324052.jpg
d0148902_21334718.jpg

だんじり77台が終わると次はみこし。
この刺繍が凄い。1台作るのに、5千万円以上するという。
d0148902_2136085.jpg
d0148902_21354282.jpg

凄い刺繍である。
d0148902_2136479.jpg
みこしは前後に揺さぶって
勇壮である。この人ごみの中でだんじりやみこしをよけながら撮影。あまりのスピードにお堀の中に落とされる人も居る。
d0148902_21403647.jpg

お祭りヘアスタイル。モヒカン君が多い
d0148902_21445913.jpg

by auroraborealisk | 2012-11-18 21:45 | お祭り | Trackback | Comments(0)
d0148902_0133592.jpg


10/15,16と愛媛県西条市のだんじり祭りが開催されました。
西条市は、私の故郷です。

友人は、毎年、帰省して、だんじりを追っかけています。
私も、3年ぶりのだんじり祭りです。
帰省すると言うのを決めたのは、2日前。
この時ばかりは、西条のホテルは、満室です。でも、当日になってホテルが取れました。

西条祭りとは、西条市にある、伊曾乃神社の祭礼で、豪華絢爛、だんじり77台、みこし4台が練り歩き、なかなか見応えがあります。

盆、正月は帰らないけど、お祭りには帰省する人が多いです、街を歩けば、懐かしい同級生や幼なじみに会えます。

15日の早朝、2時頃から、伊曾乃神社の、宮出し、
16日にはお旅所に早朝集まり、神様に挨拶、担きくらべをします。
朝9時頃には、御殿前(西条藩のお殿様が住んでいらした、門の前、現在は西条高校)に集まり
夕方は賀茂川のお宮入りで神様の御神輿が川を渡って、伊曾乃神社に帰って、お祭りは、終わりです。

15日のお宮出しは。残念ながら、西条に着いていなかったため見られませんでした。

だんじりは、各町内が1台ずつ持っていて、町内の掻き手が、お囃子や太鼓に合わせて、歌いながら引っ張って移動します。
だんじりには色を塗って、彫り物をした物や、白木だけでできている物もあり、本当に綺麗です。

16日、お旅所
だんじり77台、みこし3台が集まります。
神社の前で.1台、1台が、神様にご挨拶、鳥居前迄行くとだんじりを担き上げて揺さぶります。
d0148902_22524562.jpg
d0148902_2252483.jpg
d0148902_22512522.jpg

綺麗に担き上げができた時は、周りの人から、拍手が起こります。
d0148902_22573330.jpg


西条祭りは、伝統ある、神様のお祭りで、江戸時代、260年前からの神聖なお祭りです。

次回は御殿前の様子の写真を載せます。
by auroraborealisk | 2012-11-02 23:00 | お祭り | Trackback | Comments(2)
4月3日
諏訪の御柱祭に行ってきました。
私の住んでいる市と茅野市は姉妹都市,
市の主催する、バスで、諏訪迄

まず、和太鼓の演奏で迎えられました。
後は自由に6時間諏訪のお祭りを見てきました。
d0148902_20464342.jpg



4月2.3.4日は上社の御柱祭です。
『心そろえてお願いだ!』網置場を出発『ヨイサ、ヨイサ』
上社の特徴はめどでこ(御柱の前後についているV字型になった木)に乗っておんべを振るもの、梃子棒で柱の方向を定めるもので山出しが始まり、難所の穴山の大曲を通過して2日目に傾斜27度の木落し坂で木を落とし、宮川の川越し迄御柱が運ばれます。

『ここは木落しお願いだー』
凄い人で、前に進めない程の人に流されるように、上川橋を渡っても木落坂は人の頭で見えません。写真なんて絶対にとれない、距離も木落坂迄300m程あります。
ブロックが1個おいてあったので乗っかり背伸びして、40Dに200mm,2倍のエクステンダーをつけ、やっとこの写真が撮れました。めどでこに乗ったまま、27度の傾斜を一気に引き落とします。

d0148902_2133458.jpg


ここから宮川の川越し迄4時間かかりました。
諏訪に田舎のある友人が御柱を引っ張れると言うので、お休みどころであったら、縄を腰に巻いていました。引っ張れると言っても危なくない前の方で、縄を引っ張るのでしょうね。神のご利益があるのでしょうね!
引っ張る方が休憩で、お弁当を食べていたのですが、みんな手弁当持参でした。
感心しました。
私のふるさとでは、食事は、女たちが作り、皆お酒を飲んで、食事も振る舞われています。
御柱を引っ張るのは、大変危険だし、神の木なのでお酒を飲んでいる方はいませんでした。

d0148902_21515840.jpg


宮川の川越しです。桟敷席が取れました。

御柱を、宮川の雪解け水で洗い清めます。
水温10度以下の川に、飛び込み、めどでこを振りながら、一気に豪快に柱を川に入れ、川を渡ります。
d0148902_21562878.jpg


d0148902_2157199.jpg


d0148902_21573016.jpg


d0148902_2204117.jpg


d0148902_22489.jpg


d0148902_2242968.jpg


d0148902_2253015.jpg


d0148902_226813.jpg

d0148902_228182.jpg

かんげきしましたよ〜良く無事に川を渡ったな〜
あのおおきな木を〜
天下の奇祭と言われるだけの事はありますね!

d0148902_22105883.jpg

無事川越しが終わってほっとした表情です。

他の組が川越しに入る準備をしていました。
d0148902_22255299.jpg

こういう風にして木を打ち込んでいました。

いいお祭りを見させてもらいました。
七年後は、下社の山出しを見たいと思います。
by auroraborealisk | 2010-04-04 22:29 | お祭り | Trackback | Comments(2)