ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

アラスカ、カトマイのグリズリー

d0148902_2295486.jpg
成田ーシアトル8時間、アラスカ航空に乗り換え、アンカレッジ迄、3時間半、そこから、双発機に乗り換え、キングサーモン迄1時間半、そこから水上飛行機に乗り換え20分、ブルックスキャンプ迄行き、やっとグリズリーのいる所につきました。

パークレンジャーにカトマイ公園での注意点を聞かされ、バッジをいただき、やっと行動開始です。
公園内には、食べ物は絶対に持って行ってはいけません。
熊に遭遇すると、後ろ姿を見せて走ると熊が追いかけてきます。熊との距離は50m、親子熊とは100m、距離をあける事。等の注意をされます。
最小限のカメラと三脚を持っていよいよ、グリズリーに会いに行きます。

大きい蚊がブンブン飛んでいるので、虫除けネットをかぶり、虫除けスプレーをかけてもうるさい程飛んで来ます。大きさは日本の蚊の5倍ぐらいはあります。

国立公園内には、パークレンジャーがいて絶えず熊の情報を取り合っています。
熊のいる時、そこで、足止めされ、熊が近づいてくるとmove back!と、1時間でも待たされたり、後退されます。
許可が出ると、湖の橋を渡って、デッキの上に上がり、熊を探します。

デッキに上がると、熊があちこちにいて、サーモンを捕っていました。
今年は、寒くてサーモンの遡上が遅れているようで、熊も必死になって少ないサーモンを追いかけていました。
d0148902_2157947.jpg
d0148902_222213.jpg
サーモン釣りの人は、熊が近づいて来たので、ゆっくり、後ずさりしています。皆さんなれていて、落ち着いていました。

この時期冬眠からさめたグリズリーは、40%も体重が減っていて、痩せています。
7月10日前後2週間がサーモンの遡上がピークになリ、9月上旬にもう一度遡上してくるのです。
9月のサーモンは皮が真っ赤になって、川が赤くなるのだそうです。
9月には、グリズリーは丸まると太って、冬越しに備えるのだそうです。
d0148902_2253720.jpg

この熊はまだ若いですね。
by auroraborealisk | 2010-07-24 22:14 | Alaska,bear | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://auroraniji.exblog.jp/tb/11613396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miu at 2010-07-26 21:24 x
kyo~さん、こんばんは~
カトマイ公園までの道のりは大変ですね・・・
どうしても見たい撮りたいって強い想いがないと、行けない距離ですね。。。
昨年だったかな?テレビでここの様子を見た事があります。
同じ体験をkyo~さんが体験されたなんて凄いって思いました。
Commented by bamboo at 2010-07-26 22:34 x
ファンタジーではくまのぷーさんですが、これはインディジョーンズばりですね(笑)、でも大自然そのもの、人間の英知を超えた何かがここにはありますね。パワフルになって帰ってこられましたね?(笑)恵比寿にぜひ遊びにきてくださいね!
Commented by auroraborealisk at 2010-07-27 06:09
miuさん
おはようございます。

おもしろかったですよ!熊は案外おとなしいのですね。
4日間も熊を見ていると、熊の性格や、行動が何となく見えて来て、いとおしくなってきました。
Commented by jasmin_photo at 2010-07-27 10:03
こんにちは〜

グリズリーに会うまでには 大変な道のりを経なくてはならないのですね。
1枚目 スゴイ迫力ですね!!!
いい写真が撮れましたね♪

確かに熊さんたち 痩せている感じですね。
冬眠明けで おなかペコペコなんだろうな〜

それにしても サーモン釣りの人 こんなに接近されて
怖くないのかしらね。。。
Commented by auroraborealisk at 2010-07-27 15:47
bambooさん
おはようございます。
帰ったら、畑が草で、密林状態になっていて、大変でした。

人間が熊を理解して、初めて、こういう形で熊の領域に入って行けるのじゃないかと思います。
アメリカでは、いつも野菜不足になりますね。
Commented by auroraborealisk at 2010-07-27 20:10
jasminさん

釣りの人は、近づいて来た熊をコンデジで写真撮ってました。熊を刺激しないように、なれているようです。
あまりなれすぎて、油断をするのもいけないでしょうね。
Commented by ユキ at 2010-08-02 22:09 x
白い花の中とグレズリーの子、カワイイ♪
写真が撮れるところまで行くのは大変なんですね。蚊も5倍(@_@;)

Commented by sakura at 2010-08-03 08:56 x
やっぱり遠い所へ出かけてたんですね。一度にあらゆる種類の飛行機に乗って熊の生態をはるばる見に行くなんて貴女らしいこと。NZにも鮭が遡る川がありますが熊はいないのでこの迫力はありませんね。狙ったところで口を開けてれば勝手に鮭は飛び込んでくれるなんて不精な釣り人(熊)向きだし、あの爪は流石、捌ける料理人むきにできているのでしょうね。
Commented by auroraborealisk at 2010-08-03 10:12
ユキさん

ここに行く事が数年来の夢でした。
世界中から、プロのカメラマンがきています。
アメリカ本土からは、サーモン釣り、カヌー、などのアウトドアーを楽しんでいました。
さすが、釣りをする人はがっちりした、屈強の男が多かったです。素敵でした。
Commented by auroraborealisk at 2010-08-03 10:14
sakuraさん
ブルックスロッジに泊まれなかったので、毎日水上飛行機で通いました。

私としては好きな飛行機に乗れて、満足でした。