ブログトップ | ログイン

kyo~my life

auroraniji.exblog.jp

懲りずにオーロラを求めて、カナダ、アラスカに通っています。copyright (c)kyo~ my life all rights reserved

チベット(13)高山病

1週間もの日にちを掛けて、3000〜5500mにいた訳であるが、寝不足と雪頓節の日に朝4時から午後3時頃迄、歩いたのと、日中、バスがこなくて2時間も歩いてバス迄行って、熱中症にも似た症状が出て、とうとう吐き気、むくみが出てきた。
段々苦しくなり、気分も悪くなり、ホテルの中にある診療所で、高山病と診断され、点滴と酸素吸入をしてくれた。冗談抜きで、苦しかったですよ!死ぬかと思った〜。今になったらいい思いでですけどね!
明くる日の観光はできずに、ホテルにいた。

チベットの観光バスは、いい加減な所があり、ポタラ宮に観光に行っている3時間の間に、私たちの荷物をバスにおいているにも関わらず、他の観光客をバスに乗せて観光させました。
足の痛い人で、バスに残って観光しない人がバスの中にいて休んでいるにも関わらず、その人をおろして、炎天下で待たして、その人もダウンして点滴を受けました。
約束の時間に混んでいるのを理由に、指定した場所に来ないで、連絡もしないで、どこにいるかわからないバスを探して私たちを2時間も歩かせ、非常にいい加減であった。何も悪いと思っていないのです。感覚が日本人とは違うのでしょうね、

青海鉄道ができたおかげで、観光客は増えたが、その対応が追いつかないでいる。観光業者や会社は、ほとんどが、チベット人以外だと言う事である。

高山病はラサ空港から、北京に着いたら、けだるさは残っているものの、嘘のように、症状はとれていた。

これで、チベット旅行編は、終了です。
by auroraborealisk | 2009-10-21 02:18 | Tibetチベット | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://auroraniji.exblog.jp/tb/10363802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユキ at 2009-10-23 01:11 x
ウワ~~~(@_@;)大変な目にもあっていたんですね。高度が高いところで数日過ごしても、体力が落ちると高山病になるんですね。
でも、災難でしたね・・。もし日本の旅行会社を通しているなら文句言わないと!!というぐらいの出来事に感じました~。たぶん自分の儲けしか考えてなさそう。
kyo~さんもバスから降ろされてしまった方も現地入院にまで至らなくて何よりでしたよ~。

チベットの旅気分味わえました。楽しかったです!
Commented by auroraborealisk at 2009-10-24 22:40
ユキさま

治療費は保険をかけていたので助かりました。
27000円でした。帰って、旅行社が手続きしてくれて請求したら、24000円しか帰ってきませんでした。
点滴台や、酸素ボンベなんか、日本の40年前ぐらいのもので、久しぶりに、古い医療器具を見ました。
旅行社の添乗員に文句を行って、現地で、バス会社の社長も呼んで。皆さんお客さんは、怒りまくりましたよ。私は、その後で、社長と、個人的におはなししました。ガイドは反省していたけど、社長は、感覚的にだめみたいですねえ。社長もガイドも運転手もチベット人ではありませんでした。

ガイドは、雪頓節に連れて行ったきり、案内もせずに、他のガイドと、話していていなくなったり、バスはこないで、皆さんもう爆発、いかりましたよ。
話し合いが終わってから、ガイドは、反省して、私の荷物を、運んでいました。

中国は、経済的には急成長をしているけれど、お行儀が悪い!段々良くなってるみたいだけれども相変わらず、ピーナツのかすは、そのまま床に捨てたりする。飛行機で、おりた後の座席をみると、床はゴミだらけである。
今の子供達は学校で教育しているみたいだから、こういう事が治るのは、数十年先でしょうね!、
Commented by sinano at 2009-11-20 23:21 x
チベットの旅楽しく見せて頂きましたm(__)m
この国は全てが壮大ですね、勿論歴史も
日本はしっかりしなくては・・中国に追い越されますよね!